南材木町

当社が店舗を構える南材木町は南北に長い町です。北に穀町、西に舟丁、南に河原町、東に南石切町と南染師町と接しています。

その名のとおり,木材の専売権を許された町で,寛永年間(1624~43),若林城が造営された際に,その城下町として割り出されました。 その頃は若林材木町と呼ばれ,南材木町と呼ばれるようになったのは,若林城が廃されてからです。
現在は材木屋さんは殆ど残っていませんが、戦災を間逃れた事もあり当時から続く白壁の家がいくつも残っています。
奥州街道の通り道であった南材木町のメインストリートは道幅が広いですが、北の穀町に入る所で、S字にカーブした造りになっています。 これを枡形といって、昔敵が攻めてきたとき、この曲がった所で迎え撃つためにこのような造りになったと考えられています。

大正8年には、南材木町に住む伊勢久治郎により仙台初のバス会社、仙台市街自動車株式会社が創設され、 昭和17年に仙台市が買い上げて仙台市営バスとして現在へと続いています。

現在は、地下鉄河原町駅の開業により、駅徒歩5分弱のエリアとなっており、河原町駅から仙台駅は5分で行ける交通アクセスの良さから住宅地としても人気があります。

Dscf3544

明治6年開設(当時は六番小学校)の創立130年を越える歴史を誇る小学校です。
NHK合唱コンクールで3年連続優勝したこともあり「音楽の南材」としても有名です。


Dscf3518

第8回の仙台市都市景観賞を受賞した建物。かつては味噌醸造を行い,明治時代には主人の小林八郎右衛門が秋保電鉄を開通させている。 明治2,3年(1869~70)頃の建築という。


Dscf3524

大正5年創業、昔ながらの『生とうふ』を作りつづける会社です。


Dscf3534

七郷堀

七郷堀は,広瀬川の愛宕堰から取水され区役所までの1.6Kmを流れる堀です。取水量は広瀬川水系では随一の量です。 七郷とは小泉、蒲町、荒井、六丁目、伊在、長喜城、霞目の事をさし、これらの地域への農業用水路です。


Dscf3490

金刀比羅神社

もともとは材木を運ぶ際,海上の安全を祈って建てられたが、戦後の昭和23年(1948)に町内の人たちが鎮守様として建て直した。 9月の第二土曜・日曜がお祭りの日となっている。読み方として『こんぴら』『ことひら』と2通りの読み方で書かれていますが、 当店では『こんぴら』を押しておきます。


Dscf3514

ジーンズショップボイス

第8回の仙台市都市景観賞を受賞した津 國家(つのくにけ)の建物。明治32,3年(1898~99)頃の建築。 当時,津國家は第二師団などに出入りしていた大きな菓子店だった。 大正12年(1923)に,「宮城輪業商会業」の名で自転車卸に業態転換。建物はそのまま使われた。 南材木町の南の入り口に位置し,当店へ来る際最後に曲がる時の目安に最適です。


Dscf3489

プラウド河原町(伊勢氏住宅跡地)

レンガ工場や市営バスの前身の銀バスを経営した伊勢久治郎の住宅と事務所で,明治40年代(1907~17)の建物の跡地に建てられたマンション。 その功績を記した碑石が残っている。


Dscf3537

享保年間(1716~1736)に創業され、明治27年よりこの地で事業を展開する印染製品の製造販売業者です。。


Dscf3522

平野材木店

南材木町の名前の面影を残す数少ない材木店。